判定基準を知る

慰謝料の判定基準ですが、自賠責基準、任意保険基準、それから裁判所基準の3つに分かれてきます。

交通事故の損害に対する賠償額の算定基準は,「自賠責保険基準」「任意保険基準(各保険会社が定めている自社の支払基準)」「裁判所基準(裁判をしたならば認められる基準)」の3種類があります。

基準まず、自賠責基準ですが、これは要するに自賠責保険が定めた基準ということです。自賠責保険というのは、加害者にお金がなくて、被害者が救済されないということを避けるための保険です。今回の中でも一番基準が低い慰謝料相場になります。

任意保険基準についてですが、これは保険会社がそれぞれ独自に扱う任意保険という商品を使った慰謝料基準になります。独自の基準の公表はされていないのです。そのため、正確な数値は判明していません。平成10年までは一定の基準があったのですが、今もそこから大きく外れた運用はされてないとされています。自賠責基準よりは高額に設定されています。

裁判所基準についてですが、これは裁判所の過去の判例を元にして算出された基準のことを言います。この裁判所基準というのは、一番高額な基準になってきます。弁護士に依頼した場合には、この基準で慰謝料に対しての交渉を行うわけです。

一般的には任意保険基準というのが使われることが多いです。ややこしい事故に対しては、裁判所基準での慰謝料請求となることもありますが、基本は当事者が自由に判断できます。

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

慰謝料の種類

慰謝料については、具体的には入通院慰謝料、後遺障害慰謝料、死亡慰謝料の3種類があるのです。これらについてはしっかりと理解しておきたいところです。

まず入通院慰謝料は、入院・通院することによって発生する精神的損害を補填するための賠償金になります。人身事故が起こったとき、怪我の治療のための入通院がどうしても必要になってきます。入通院は確かに行われるわけですから、それに対しての精神的損害は発生するわけですが、その期間、日数に対して慰謝料額の変動が起こるわけです。

後遺障害慰謝料後遺障害慰謝料というのは、後遺症が残って後遺障害等級が認定されたときに支払いが発生するものです。ケース的には、交通事故による怪我が原因であり、医学的に適切な治療をしたにも関わらず後遺症が残ったことに対して、医師が労働能力を喪失したものと認定したときに発生します。この等級の認定は必ず必要で、1級から14級までどこに認定されたかによって金額が大きく変わります。

死亡慰謝料というのは、交通事故にあってなくなってしまった本人、それから遺族に対して支払われる慰謝料のことです。亡くなった方の立場を見たときには、金額が変動する可能性もあります。高い立場の人であれば、金額が大きくなる可能性が高くなると見ても良いのです。

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

慰謝料とは何か

慰謝料改めて慰謝料とは何かということについて知っていくことが大事です。まず、慰謝料というのは精神的損害に対する賠償金ということを言うことを覚えておきましょう。

一般的には、治療費の実費、損失利益が含まれていると思われるでしょう。確かにそれも大事なところではあるのですが、法律的に見ると、精神的損害を補填する賠償金という意味があるのです。ちなみに、人身事故といえば車が絡んでいると考えがちではありますが、実際のところ、バイク事故に対しても慰謝料は同じように発生するのです。

もちろん、自動車事故にあったときには、治療費、それに交通費と言ったような財産的な損害もあるのです。この点に関して言うと、被害者は精神的な障害ということになる慰謝料、それから財産的な損害である治療費や交通費といったところを請求することになるのです。

このとき、どうしても気になるのは、慰謝料の計算方法や相場ではないでしょうか。これに関しては、勝手に計算してくれたらいいという人が多かったりします。事故にあう、事故の被害を受けているのは自分、あるいは家族であれば、どのくらいの金額になるのかということはしっかりと理解しておくことが大事となります。

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

車の人身事故と慰謝料

人身事故において、慰謝料は必ず発生すると思っても良いものです。ですが、自分がその対象になった場合には、いくらほどもらえるのだろうと思ったことはないでしょうか。

そもそも、精神的な損害に対しての賠償金のことを慰謝料といいます。一般的には治療費実費、それに逸失利益も含まれていると思われるかもしれません。ですが、法律的には精神的損害の補填を目的とした賠償金という意味でも使われるのです。

慰謝料慰謝料というのはこういうことなのですが、では、慰謝料がいくらもらえるのかということについて、一般的な相場を決めるための基準はどのようなものがあるのかというのをご存知でしょうか。何気にこれについては知っておくことがとても大事なことで、知らないと損をしてしまうことも十分にありえるのです。

交通事故が起こったら、大体の人が保険会社、あるいは弁護士に対して任せるというケースが多いと思います。ですから、終わってみたらこのくらいだったということで納得して終わってしまうことが多いと思います。ただ、実際にはもっともらえていたという可能性もあるわけです。もらった慰謝料の総額が80万円だったけども、実際にはその倍はもらえていたという可能性は、状況に応じては決して0というわけではないのです。

では、こうした疑問についてひとつずつ解明していきましょう。すべてを任せることも時には大事ですが、自分でも知識を得ておくというのはとても大事なことなのです。

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket